男にも結婚適齢期はあるの?

By: GRj0b7uk

急ぐ必要はない?

結婚適齢期というと、一般的には女性のための言葉として用いられることが多いでしょう。
女性は身体の構造上、子供を産むことができる年齢に限界があることが大きな理由となっています。

人にも寄りますが40代や50代となると閉経してしまって、子供を産むことができなくなってしまいます。
対して男性の方はというと、70歳や80歳になっても我が子を設ける人がいるほどで、機能の面から見るとそこまで急ぐ必要はないかのように思われがちです。

ただ、やはり男性にも結婚に適している時期というのはあります。
それはいつなのかというと、「結婚したいと思った」その瞬間です。

自己啓発的で胡散臭い文句になってしまいましたが、女性がそうであるのと同じように、男性も婚活をするならば若い内の方が良いという統計があります。

その統計の中には「35歳まで未婚だと、生涯未婚の確率が急激にあがる」という何ともショッキングなものもあり、「女性に比べてゆっくりできる」と思ってゆっくりしすぎるとそのまま生涯未婚、ということにもなりかねません。
今は良いと思っていても、ある程度の年齢になってくると急に寂しくなってきたりと、取り返しがつかなくなってしまうこともあります。

男性の結婚のポイント

それでは、男性が婚活をするという場合、どういった部分が見られることになるのでしょうか。
男性から女性への評価については若さや顔などが中心になっていることが多いのに対して、女性から男性に対する評価ポイントは「生活力」のような実力的な部分が見られる傾向があります。
これも、若い間はある程度カバーすることができますが、年齢が進んできてかつそういったものが手元にないという場合には大変です。

また、ほぼ必須と言われるのは「経済力」です。将来的に結婚した場合は一家の大黒柱になって稼がないといけません。
女性のほうが稼いでいる夫婦もありますが、だいたいは男性側が稼ぐ場合が多いので、夫として、あるいは父親として自信を持って振舞えるようにきちんと経済力をつけておく必要があります。

他にも、ある程度貯金をしておかないと、結婚する際に結婚式ができない、結婚指輪が買えないという事態になってしまい、それでは本末転倒ですよね。
結婚指輪に関しては、最近では数万円で購入できるところもあるようなので、プロポーズを考えている場合は参考になるかもしれません。
ポンテヴェキオ|銀座・大阪で結婚指輪を探す

とは言え、今すでに35歳を超えている人ももう結婚はできない、と諦めるしかないかと諦める必要はありません。
もっと遅くなる前に始めることができた、と思えば遅すぎるということはありません。

婚活をいかに本気でできるのか、ということが結婚ができるかどうかの分水嶺となることも多いため、結婚したいと思ったら、すぐにでも行動に移すようにしましょう。

ちなみに男性の平均結婚年齢は30.7歳です。

Back to Top