マイカー

マイカーの維持費をなるべく安くする方法

By: GRj0b7uk

自動車の維持費について

好きな時に好きな所へ行けるマイカー。公共交通機関を利用するのに比べてとても便利です。地域によっては公共交通機関の利便性が悪く、マイカーありきの生活というところも多いことでしょう。

そんな生活の一部であるマイカーですが、所有すると様々な維持費がかかります。どうにかして節約する方法はないのでしょうか?すでにマイカーを持っている方も、今から購入を考えている方にも役立つ情報をお伝えします。

維持費を節約する方法(ガソリン代、税金、保険料

普段、特に気にすることなく使っているマイカーですが、次のような維持費がかかっています。

車に対する直接的な維持費

ガソリン代
車を使った分だけ生じるもので給油所のガソリン価格の変動によって上下します。

任意保険料
車を所有すると強制的に加入することになる自賠責保険と違い、ドライバーの任意で加入できる保険です。事故を起こした時に自賠責保険では、損害を補償できる範囲に限りがあるため、それをカバーするために加入します。

メンテナンス代
走行距離や部品交換の目安時期に生じる費用です。故障等のトラブルを避け、安全・快適に乗るために必要です。

車の使用度合いにかかわらず定期的にかかる維持費

駐車場代
車の保管場所として必要です。地域によって金額が異なります。

車検費用
新車購入から3年後、それ以降は2年に1回定期的に受ける必要があります。

重量税
車検時に一緒に納付する税金です。車の重量によって金額に差があります。

自賠責保険料
重量税と同様に車検のタイミングで納付する保険料です。

自動車税
年に一回、毎年5月頃に納付する税金です。

このように車を持つだけで様々な維持費が生じます。定期的に生じる維持費は、税金や自賠責保険料等節約をするのが厳しいですが、任意保険料については補償内容を見直すことで金額を抑えることができます。

主に次のような点を現在の状況にあった補償内容に見直すことで保険料が安くなります。

年齢制限
運転するドライバーの年齢に制限を設けます。

免責
事故に合った際に保険を使える金額を制限します。

車両保険の見直し
事故の相手だけではなく、自分の車の損害も補償するものですが、この補償金額を減らすまたはなくすことで保険料を安くすることができます。

車を所有することでかかる維持費ですが、乗る頻度によっては車を手放し、カーシェアリングに切り替えることで大幅に節約ができます。

乗る頻度がそれほど多くなく、定期的に生じる維持費ばかりかかっているという方は、カーシェアリングに切り替えることを検討してみるのも良いかもしれません。

Back to Top