忙しいビジネスマン必見!タイムマネジメントのコツ

By: GRj0b7uk

時間が無いは言い訳?

仕事をするにあたって、「時間がない」という言葉をよく使う人がいます。
確かに仕事などの量によっては事実時間がないという場合もありますが、実際には上手く時間を作れていないだけだという場合も少なくありません。
重要なのは、「時間を無駄にしないこと」です。
時間を無駄にせず有効活用した所で間に合わないような仕事量になってしまっている場合は、上司の管理が悪いという側面の方が強くなってくるでしょう。

そんな時間の重要さについては、以下のようなブログでも語られています。
タイムイズマネーという言葉があるように、時間をいかに効率良く使うか、ということはまさにお金に繋がることでもあります。
そのためには、自分なりの時間活用術を身に付け、タイムマネジメントをできるようにすることが重要です。
>>http://jikan-yuukou-katsuyou.pntmny.info/

では、どのようなことから始めると時間の活用ができるようになるのでしょうか。
この先では、幾つかのポイントをピックアップし、仕事ができる人の「タイムマネジメント術」を学びます。

有用なタイムマネジメント術

有用でタイムマネジメント術の一つ目のポイントとして紹介するのは「無駄な時間を失くす」ということです。
これは時間を活用する上ではとても重要なことで、無駄に使っている時間を減らしてその分を仕事や、自分の成長に当てることが出来ればその分より良い仕事ができるようになっていきます。
例えば「意味のない飲み会」などはその代表的な一つとなるでしょう。
人付き合いなどの意味から意味がある場合を除いて、そういったものは削ってしまっても良いはずです。

ただし、勘違いしてはいけないのは、これは「不眠不休で仕事をしろ」といっているわけではありません。
仕事を続ければ続けるだけ、能率が落ちていくことは間違いないためです。
しっかり休みを取る時間も取ることが、さらに効率を上げるためには欠かせない技術となります。

次のポイントは「時間短縮を心がける」ということです。
同じことをするのでも、短い時間でできる様になればその分の浮いた時間を他に回す事ができるようになります。
例えば通勤時間が長いのであれば、職場の近くに引っ越すことによって時間を短縮する、というのが一つの方法です。
出退勤に1時間も掛かるような場所に住んでいるのであれば、このことはよく考えた方がよいでしょう。

また、出退勤の時間が長い場合でも、その時間を活用することができるのであればそこまで悪いことではありません。
タブレットなどを活用し、学びの時間に当てるのも良いでしょう。

そして第三のポイントは「集中を持続させる」ということです。
人間の集中力というのはそれほど長持ちしないもので、長く持っても20分程だと言われています。
この集中していられる時間を伸ばしていくことができれば、効率を上げていくことができます。
同時に重要なのが「集中までに要する時間」を短縮することです。

さらに、この集中を持続させる上で重要なポイントとなるのが「集中を阻害する要素を排除する」ということです。
例えば仕事中に関係のないメールが届いたら、邪魔ではないでしょうか。
一見するとちょっとしたことのようですが、こういったものがあると一気に集中力が途切れてしまうことが有ります。
仕事をする時には、仕事に必要のないものが手元にないようにしましょう。

Back to Top