ビジネスマンに必須!社会人の時計の選び方

By: GRj0b7uk

ビジネスシーンにはマッチするもの

日常生活に於いては、腕時計をしていないという人も多いのではないでしょうか。
今や携帯電話やスマートフォンを持ち歩いていない人は少ないため、時計を確認したいという時もこういったものを見れば良いためです。
ただ、ビジネスマンの世界においてはまだまだそれがスタンダードにはなっていません。
やはり腕時計をしている、ということが一つのポイントとなっています。

言い方は悪いですが、どんな時計をしているのか、ということで相手を値踏みして、どう付き合うべきかを決めている人も少なくありません。
そのため、特に営業職の場合には相手に甘く見られる事がないようなしっかりした時計を選ぶ必要があるとよく言われます。
それでは、ビジネスマンの付ける腕時計としてはどのようなものが好ましいのでしょうか?

まず、良くないと言われる時計として「派手な時計」があります。
金ピカの時計や、色彩豊かな時計などはファッションとして付ける分にはよくともスーツで仕事をするためにつけるのには適していません。
地味ながらしっかりしている時計、というのが仕事の現場においては好まれる傾向があります。
スポーツタイプの時計などもビジネスシーンにはマッチしないことが多いため、避けた方が無難なことが多いでしょう。

値段はどのくらい?

それでは、腕時計はどのくらいの値段のものをつければ良いのでしょうか。
何ともややこしいというか、古臭い風習ではありますが、腕時計はその人の格によってちょうどいい価格のものが違ってきます。
例えばいくらお金を持っているからと言って、新入社員が100万円以上もするような時計をしているのは不自然です。
どころか、上司の顔を潰している、として無礼だと考える人も少なくありません。

そのため、新入社員の時計は5,6万円から15万円前後と、それほど高額ではないものを選ぶのが一般的です。
上役になるにつれて適格な時計の格も上がっていき、より高額なものも付けるようになっていきます。
自分が上役になった時につける時計としては「自分よりも安い時計を付ける部下が困らないような値段」のものを選ぶことが重要です。

例えば自分が上司になってもまだ5,6万円の時計をしていたら、上司の顔を潰さないために部下が付ける時計がさらに安いものになってしまいます。
そうなると、本来の「足元を見られないための時計」としての価値がなくなってしまうために、本末転倒だということです。
年齢や役職に合わせて、適した時計の格を選ぶようにしましょう。

Back to Top