出世する男に共通する「できる男」の特徴

By: GRj0b7uk

魅力的な人物

ビジネスマンたるもの、やはり仕事ができる人間になりたいというのは誰もが思うことでしょう。
それでは、仕事ができる人というのはどんな人なのでしょうか?
実は仕事ができる人というのは仕事以外の部分でも共通している項目があります。
そこでここでは、出世する、仕事のできる人に共通しているポイントいくつかピックアップして紹介します。

まず一つ目のポイントとなるのが「挨拶」です。
挨拶はすべての基本であり、初対面の人に対しては勿論のこと、普段からあっている人にたいしてもちゃんと挨拶をできることで印象をよくしていくことができます。
特に営業職等の場合、人に対する印象というのは直接仕事の功績に関わることで、挨拶をしっかりすることができる、というのはそれだけでも魅力的な人物像となります。

ただ、この挨拶ができる、というのは文面通り挨拶ができるという意味だけではありません。
もう1つ「当たり前であることを当たり前のようにできる」ということがポイントです。
挨拶をしっかりする、というのはビジネスマンではなくとも基本中の基本ではありますが、それがしっかりできていない人が多いのです。
これができるということは、それ以外の当たり前についてもできている事が考えられるため、付き合っていくのに不具合がないだろう、と判断されやすいわけです。

二つ目のポイントは「聞き上手」であることです。
特に男性にありがちなのが、話をする時に自分の話ばかり話し込んでしまって、相手の話をあまり聞かないというパターンです。
こういったことがあると、やはり相手からはあまりよい印象がありません。
しっかり相手の話を聞いて、相手に話させることができる人というのは、そういう面において優秀です。

最初のことからも分かるように「話すこと」というのはそれだけで快感があるものです。
相手にその立場を、自然な形で譲る事ができるのであれば、良い付き合い方をしていくことができるでしょう。

基本をこなそう

三つ目のポイントは「名前を覚える」ということです。
これも挨拶と同じく、当たり前といえば当たり前のことですが、毎日何人もの人と合うようなビジネスマンの場合なかなか簡単にできることではありません。
それでも、しっかり努力をして一人ひとりの名前を覚えるようにすると、やはり相手からの覚えもよくなるものです。
少なくとも名刺を貰った人については名前を忘れないようにして、次あった時に名前で呼べるようにすると印象をアップさせることができるでしょう。

四つ目のポイントは「態度を一貫する」ということです。
昔から嫌われる男性の特徴として「相手によってコロコロ態度が変わる」というものがあります。
例えば上司に対しては媚びへつらい、部下に対しては怒鳴りつけるような人物が、本当に魅力的な人物であるといえるでしょうか。
そして、そういった人が本当の意味で周りに支えられて、出世していくことができるでしょうか。

そして最後のポイントは「自分のことに敏感」であるということです。
自分のことをしっかり理解できている、ということは、自分の行動によって相手に不快感を与えてしまう可能性があるのではないかということがわかっているということです。
例えば匂いなどについてしっかり把握し、対処することができていれば、少なくとも「不快」な人にはなりません。

Back to Top