なぜ朝が良いのか?仕事の効率を上げるポイント

By: GRj0b7uk

早起きの得は3文どころじゃない

有名なビジネスマンなどの話を聞いていると、その多くが「朝型」の人であることがわかります。
中には朝4時頃に起床して仕事を始めるという人もいる程ですが、何故仕事ができる人は「朝」に仕事をすることが多いのでしょうか?
一見すると寝起きで頭が働かない時間のように思われがちですが、実は朝に仕事をすることにはいくつものメリットがあり、それをわかっているためにできる人は朝型になっているのです。

まずポイントとなるのが「朝の時間は邪魔が少ない」ということです。
昼にもなると、スマートフォンやテレビなどが様々な情報を提供してきます。

この情報が仕事の役に立つこともないわけではありませんが、集中して仕事をしたい時には氾濫した情報というのは邪魔になることもあります。
単純に仕事中にスマートフォンがなるだけでも邪魔に感じることもあるでしょう。
朝型はこういったものが少ないために、自分だけの世界に集中して仕事をすることができるというメリットがあります。

朝食前がポイント

一日の活力を保つためにも、朝食は必ず食べるべきだ、というのは朝の過ごし方としてよく言われることです。
ただ、朝型の生活をするのであれば、起きてすぐ朝食を取ってそれから仕事をするのではなく、まずは起きて食事をする前に仕事をするようにすると良いでしょう。
朝食を取ることはその後の活力のためには重要ですが、食事の直後というのは血糖値が急上昇していることから眠くなってしまったり、集中力が切れてしまったりすることが良く有ります。

そのため、食事してから仕事という順番だとせっかく早起きをして仕事をしている意味が薄れてしまいます。
朝型の仕事をしたいのであれば、必ず食事の前にするようにしましょう。

そんな朝型の仕事において、何より重要なのは習慣化することです。
初めは早起きが苦手でストレスに感じていたとしても、繰り返して行うようにしてそれが当たり前のようになれば、いつしかそれほどストレスを感じなくなります。
最初は厳しいかも知れませんが、まずは始めて、続けてみる事が重要です。

Back to Top