ブラックカードより上!?パラジウムカードとは

By: GRj0b7uk

グレードが存在

クレジットカードというと、利用量や限度額等によってグレードが存在しているというのはよく知られていることかと思います。
一般庶民にとってはゴールドカードぐらいが関の山で、それ以上のグレードのカードを持っている人はあまりいないでしょう。
そんなクレジットカードの中で、最上級の等級としてよく知られているのが「ブラックカード」です。
まずは、このブラックカードがどのような条件で取得できるものなのかについて見てみましょう。

カード会社によっても違っていますが、ブラックカードを取得するために必要だとされている年収はだいたい1000万円から2000万円程度です。
この時点で取得が無理!と諦めてしまう人も少なくないでしょう。
ただ、これは年収によって規制が行われているというわけではなく、年会費の問題からこれぐらいの年収がないと有効に活用できない、という意味です。
場合によっては年収指定がある場合もありますが、その指定では600万円程度から取得できるというようなものもあります。

また、ブラックカードの取得に際しては年収だけではなく、「信用」が重要にされる傾向があります。
そのため、不動産資産を持っていることや、過去にどのようなクレジットカードの使い方をしてきたのか、ということが優先して考えられる場合もあることは覚えておくと良いでしょう。
さらに仕事の内容についてもグレーなものではなく、公正なものであることが審査の条件の一つとなっていることもあります。

ブラックカードの更に上

さて、ここまで紹介してきたブラックカードだけでもなかなか気の遠くなりそうなカードですが、実はこのブラックカードよりも上の種類のカードがある銀行があることをご存知でしょうか。
そのカードの種類は「パラジウムカード」と呼ばれています。
名前のとおりパラジウムを素材として使っているというもので、23金による装飾が施されている豪華なものとなっています。

ちなみにこのカードはカード自体で20万円程の価値があるというほどで、いかにすごいカードなのかがこれを聞いただけでも分かるでしょう。
では、このカードはどこで発行されており、どうすると取得することができるのでしょうか?

パラジウムカードを発行しているのは、JPモルガンという銀行です。
この銀行の最高グレードのカードとして発行しているものなのですが、取得の条件はブラックカードどころではありません。
まず少なくともこの銀行に2500万ポンドを預けている必要があります。
ちなみにこれを執筆している2015年12月の段階における1ポンドの価値は186円であるため、換算をすると46億5千万円となります。

このカードは十分すぎるほどの資産価値を持っていなければ取得することが出来ないものの、その分利用できるサービスも最高級のものとなっています。
ディナーやイベントチケットの予約を代行してもらえる他、プライベートジェットの手配まで依頼できるという徹底ぶりで、できることがないようなカードとなっています。
ちなみに現在このカードを持っているのは5000人ほどです。
多いと感じるか、少ないと感じるか、いかがでしょうか?

Back to Top