トップ営業マンに学ぶ!できる社会人の休日の過ごし方

By: GRj0b7uk

こんな休日はやめよう

ビジネスマンにとって、重要なのは仕事をしている時だけではありません。
休日をどのように過ごすか、ということも仕事への影響が大きいポイントです。
それでは、「できないビジネスマン」がやってしまいがちな、NG休日の過ごし方はどんなものがあるでしょうか。

まず「ともかく寝て過ごす」というものがあります。
せっかくの休みなのだから普段寝不足な分を取り戻すように寝だめをする、としている人もいるでしょう。
残念ながら人体は寝だめによって睡眠時間をカバーできるようにはできていないため、これは意味がありません。
むしろ休日に通常とは違う生活リズムになってしまうことで、平日の方がきつくなってしまっていることもあります。

また、休日だからといって何をするでもなく過ごす、というのもやはり良くないポイントの一つです。
休日でも何かやることを見つけ、一つの目的を持って行動するようにしましょう。

こんな休日が理想

では、できる人の「理想的な休日」の過ごし方について紹介します。
誰もがこの通りにするべきだ、というわけではなく、一つの参考として見てみて下さい。

まずは「普段と同じ時間に起きる」ということです。
仕事がない日でも同じ時間に起きることによって生活リズムや体内時計を一定に保ち、営業日に影響が出ないようにします。
こうすることによって「休日明けでやる気がでない」という現象も起こりにくくなります。
休日なのでゆっくり寝ていたいものではありますが、起きるリズムが変わってしまうことで休み明けにリズムが戻らず、疲れてしまうからです。

さらに「起きたらすぐに行動する」習慣を付けるようにします。
ダラダラと布団の中や机の前で時間を過ごしていては結局時間通りに起きたとしても無駄になってしまいます。
すぐに起き上がって何かをする、ということを心がけるようにしましょう。
心のエンジンを掛けるためのものであるため、これはどんなものであっても構いません。

そして「自分の成長のために時間を使う」ということです。
仕事は業務時間中だけにしかできないことではありません。
今後のスキルアップに結びつきそうな勉強を休日を利用してするのも一つの方法です。
営業日は忙しく勉強が出来ない、という時には特に重要なポイントとなります。

Back to Top