一人暮らしの自炊率!男性と女性で差はない!?

By: GRj0b7uk

食事の支度

一人暮らしをしている人の場合、食事の準備は自分でしなければなりません。
その場合、食事の用意の仕方にはいくつかの方法があります。
外食をする、あるいはコンビニやスーパーなどで買ってきたものを食べる、というのも一つの方法です。
そんな中で最も時間と手間がかかるのが「自炊」でしょう。

自分で料理をして食事を用意する人は、果たしてどれぐらいいるのでしょうか。
実はこの情報について、不動産業者が行ったアンケートの結果があります。
そのデータを見てみると、少し意外なことがわかりました。

男女の自炊率

料理というと女性がするものというイメージがまだまだ強い人も多いかと思います。
実際、自宅で食事を用意していたのは誰かと思うと、やはり母親だったという人が多いのではないでしょうか。
そのため、自炊率についても女性は高く、男性は低く出ているのではないか、と予想する人が多いと思います。

しかし、実は20代の人を対象に行われたこのアンケートの結果は、男性の毎日自炊率が31.9%、女性の毎日自炊率が34.3%と、それほど大きな違いがないという結果となっていました。
一人暮らしで仕事をしている場合、男性でも女性でも自炊をする人は全体の3割程度で、他の人ははあまり毎日自炊をしていないわけです。

ただ、これはあくまでも「毎日」自炊する人の割合を比較したものです。
これをもうちょっと枠を広げて、「週の半分以上自炊をする」という条件にしてみると、男性が59.7%、女性が68.6%となり、差は広がる事になりました。
ただ、それでもその差はあまり大きなものではなく、今や男性も女性も「自炊」に対する意識というのはそこまで大きく違わないということがわかってきました。

こういった傾向に影響を与えているのが「女性の社会進出」でしょう。
このアンケートも一人暮らしをしているビジネスパーソンを対象にして行っているものであるため、全員が仕事をしつつ、自炊をしているか、ということが問われています。
女性であっても、仕事をしながら毎日自炊をするのはやはり大変、と考えるとそこまで意外な結果でもないかもしれません。

Back to Top